家具 チェスト、収納棚の選び方

家具 チェスト、収納棚の選び方

衣類を収納するのに欠かせない家具がチェストなどの収納棚です。

チェストには大きく分けて2つのタイプがあります。
幅が狭く高さがあるトールタイプ、逆に幅が広く高さが余りないのがワイドタイプになります。

トールタイプは、幅が狭いですのでちょっとした空間にスッキリと収めることができますが、
高さのある家具は圧迫感を生みやすいですので、設置場所には注意したいところです。

対するワイドタイプは、高さがない分上部に空間ができ
家電や他の家具などを好きなようにレイアウトできる利点があります。

また、チェストにどんな衣類を収納するかで選ぶ製品が違ってきます。
例えば、下着やTシャツなど出し入れが多いものは、収納棚の底が浅いタイプのチェストを、
そして、セーターなどのアウターを収納する場合は、週能力たっぷりの底が浅いチェストを選ぶのが良いでしょう。

テレビボードの時もそうだったのですが、見た目の印象を軽くするには、
脚が付いているタイプのチェストが良いと思います。
チェスト自体が見た目が重く、どっしりとした印象を持つので、
床との間に空間をつくることで、ある程度その印象を軽減することができます。

壁に設置する家具なので、壁紙の色やデザインに合わせることも
見た目を重視する人には大切になってくるでしょう。

    Copyright(C) 家具の選び方 All Rights Reserved.